0943.24.3671 info@ansei5.co.jp
 

お手入れの仕方

おそうじに必要なのは気合!や根性!ではなく
感謝や思いやりのこころです。

金仏壇のおそうじ

IMG_0387

金仏壇のおそうじは、柔らかい布・毛払い・刷毛とバケツに水を汲んだものをを用意します。

注意すべき点は
1・金箔、蒔絵の上は拭かないようにする事。
2・水滴をそのままにして乾かさないこと。
3・布にうるしを傷つけるような硬いごみなどがついていないか確認すること。
4・毛払いなど、古くなったものは毛が抜けていたりするとかえって傷を付けたりするので確認すること
などです。

それでは、実際おそうじしてみましょう。

1・まず、中に飾ってある仏具を取り出します。再度飾る時
分からなくなるといけないので写真を撮っておくといいでしょう。

2・中が空になったら、大きめのごみ(多分、お供えしたお花から落ちた花びらや、お供え物のかけらなど)を寄せ集めます。布で抑えて集めると引っかき傷が出来るかもしれないので、それ専用の毛の柔らかいはけなどを用意しておくのもいいかもしれません。

3・大き目のごみを回収したら、毛払いで仏壇の上部から払っていきます。毛払いにごみがついていると、仏壇にきずを入れかねませんので、払う前にしっかり確認することが必要です。障子の上、扉の上、棚の上などしっかりほこりを落とします。

4・しっかり絞った柔らかい布で黒い塗装部分のみ拭き上げ、次に、乾いた柔らかい布で水気を拭き取ります。

決して金箔の上を拭いてはいけません。

IMG_0394

うるし塗りでしたらここまででかまいませんが、代用うるしの仏壇でしたら、艶出し液を塗った方がよいでしょう。

5・艶出し液とは、いわゆるワックスみたいなもので車のワックスがけをイメージしてもらえばよいと思います。液を薄く塗り、乾いて白く残ったら拭き取るという作業をします。うるしは塗面が多少では劣化しませんが

代用うるしなど化学塗料は、塗り上がった時点を頂点に徐徐に劣化していきます。そのため艶出し液を用いて光沢を維持します。

6・仏壇のおそうじが終わったら、次は仏具です。

ここでも、金箔の上は拭かないよう気をつけます。軽くほこりを払うつもりで止めます。

黒や朱といった塗料で塗られたものは、傷が入らない程度にぬぐうことができます。ただし、しっかり水気を取っておかないと塗り面を浮かせる(はがす)ことになるかもしれないので注意が必要です。

IMG_0395

金物については、磨き・金メッキ・

色付けと種類があります。金メッキ・色付けは真鍮製の本体にメッキ加工、うるし等による色付け加工を施したものであり、基本的に変色しません。

ここでは、磨きといわれる真鍮製無加工製品のお手入れについて述べさせていただきます。

真鍮は空気と触れると酸化し変色します。ですからお手入れは「真鍮磨き」といわれる研磨剤を使用し、表面を薄く剥ぎ取り元の光沢に戻す作業になります。

布に薄く「真鍮磨き」をとり、磨きます。大量に付けると余計にきれいになるような気がしますが、実際は、少量(適量)のほうが拭き取る労力が少なく、はやくきれいになるような気がします。

IMG_0400(香炉の下半分磨いてみました)

金メッキと色付けの金物は磨いてはいけません。メッキや色がとれて地金の色が出てしまいます。よごれても軽く拭くぐらいに止めておいてください。

メッキ加工されたものと無加工のものはどちらが良いかと聞かれそうですが、どちらも良し悪しありますのでどちらが良いとは言い切れません。

7・仏具までお手入れが終わったら、次は、仏壇の中に仏具を安置します。写真を撮っていたのなら写真に沿って飾ってあげてください。

8・ローソクを灯し、線香をあげ、静かに手を合わせて故人に想いをめぐらし感謝して終了です。

以上で一通りのおそうじの仕方を解説しましたが、
いかがでしたか?
今後、皆様の仏壇やご先祖を偲ぶお気持ちに変化があれば幸いに思います。

唐木仏壇のおそうじ

唐木仏壇のおそうじは、柔らかい布・毛払い・刷毛とバケツに水を汲んだものをを用意します。

注意すべき点は
1・水滴をそのままにして乾かさないこと。
2・布に塗り面を傷つけるような硬いごみなどがついていないか確認すること。
4・毛払いなど、古くなったものは毛が抜けていたりするとかえって傷を付けたりするので確認すること
などです。

それでは、実際おそうじしてみましょう。

1・まず、中に飾ってある仏具を取り出します。再度飾る時分からなくなるといけないので写真を撮っておくといいでしょう。

2・中が空になったら、大きめのごみ(多分、お供えしたお花から落ちた花びらや、お供え物のかけらなど)を寄せ集めます。布で抑えて集めると引っかき傷が出来るかもしれないので、それ専用の毛の柔らかいはけなどを用意しておくのもいいかもしれません。

3・大き目のごみを回収したら、毛払いで仏壇の上部から払っていきます。毛払いにごみがついていると、仏壇にきずを入れかねませんので、払う前にしっかり確認することが必要です。障子の上、扉の上、棚の上などしっかりほこりを落とします。

4・しっかり絞った柔らかい布で拭き上げ、次に、乾いた柔らかい布で水気を拭き取ります。次に艶出し液を塗ります。

5・艶出し液とは、いわゆるワックスみたいなもので車のワックスがけをイメージしてもらえばよいと思います。液を薄く塗り、乾いて白く残ったら拭き取るという作業をします。うるしは塗面が多少では劣化しませんがウレタン塗装などは、塗り上がった時点を頂点に徐徐に劣化していきます。そのため艶出し液を用いて光沢を維持します。

6・仏壇のおそうじが終わったら、次は仏具です。
ここでは、金箔の上は拭かないよう気をつけます。軽くほこりを払うつもりで止めます。
黒や朱といった塗料で塗られたものは、傷が入らない程度にぬぐうことができます。ただし、しっかり水気を取っておかないと塗り面を浮かせる(はがす)ことになるかもしれないので注意が必要です。

金物については、磨き・金メッキ・色付けと種類があります。金メッキ・色付けは真鍮製の本体にメッキ加工、うるし等による色付け加工を施したものであり、基本的に変色しません。
ここでは、磨きといわれる真鍮製無加工製品のお手入れについて述べさせていただきます。

真鍮は空気と触れると酸化し変色します。ですからお手入れは「真鍮磨き」といわれる研磨剤を使用し、表面を薄く剥ぎ取り元の光沢に戻す作業になります。
布に薄く「真鍮磨き」をとり、磨きます。大量に付けると余計にきれいになるような気がしますが、実際は少量(適量)のほうが拭き取る労力が少なく、はやくきれいになるような気がします。

金メッキと色付けの金物は磨いてはいけません。メッキや色がとれて地金の色が出てしまいます。よごれても軽く拭くぐらいに止めておいてください。

メッキ加工されたものと無加工のものはどちらが良いかと聞かれそうですが、どちらも良し悪しありますのでどちらが良いとは言い切れません。

7・仏具までお手入れが終わったら、次は、仏壇の中に仏具を安置します。写真を撮っていたのなら写真に沿って飾ってあげてください。

8・ローソクを灯し、線香をあげ、静かに手を合わせて故人に想いをめぐらし感謝して終了です。

以上で一通りのおそうじの仕方を解説しましたが、いかがでしたか?
今後、皆様の仏壇やご先祖を偲ぶお気持ちに変化があれば幸いに思います。

Comments are closed.